偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす

病院を上手く活用する

ウーマン

偏頭痛に対しての薬は複数あり、その人の症状や環境に合ったケアをすることが出来ます。しかし、自分の症状をしっかりと主治医に伝えていない状態では、医者も適切な判断が出来ません。薬を上手く活用するためにも、主治医に自分のことを良く知ってもらいましょう。

もっと見る

病院で処方してもらう薬

女性

医師の処方と市販鎮痛剤

日本人のうち800万人の人が頭痛に悩まされています。そのうち30代の女性に多いのが偏頭痛です。偏頭痛の原因ははっきりとわからないため、痛みを以下に減らすかが治療方法になります。幸いなことに年数を経過すると偏頭痛の頻度も減ってくる傾向がありますので、うまく付き合っていくようにしてください。偏頭痛の治療には安静と薬を使いますが、大きく分けると医師による処方薬と市販の鎮痛剤に分かれます。医師による処方薬は、偏頭痛の根本的な原因をピンポイントで抑える特異薬のトリプタンと血管を収縮させる作用のあるエルゴタミン製剤があります。以前はエルゴタミン製剤が多く使われてきましたが、速効性のあるトリプタンが処方されるようになってきました。市販の鎮痛剤には偏頭痛専用の薬はありません。すでに起きている炎症を抑える作用があります。鎮痛剤は決して予防として使わないでください。飲み過ぎによって薬物乱用頭痛に悩まされる可能性があります。特に月に10回以上鎮痛剤を使用している場合は、医師に相談してください。

トリプタンの特徴

偏頭痛は、原因ははっきりしないものの偏頭痛のおこる仕組みはわかっています。何らかの原因によって脳血管が拡張し、血管の三叉神経が刺激を受けて神経ペプチドという痛みの原因となる物質が放出されます。神経ペプチドによって、血管の周りに炎症がおき、さらに血管拡張を促して、再び三叉神経の刺激を与えてと、悪影響が続きます。ある段階まで進むと偏頭痛の症状が現れます。処方薬のトリプタンは、偏頭痛に特化した薬で、痛みの元の脳血管と三叉神経に直接作用します。拡張した脳血管を収縮して、三叉神経からの神経ペプチドを抑えこみます。偏頭痛の根本に作用しながら、吐き気や過敏症状も抑えてくれます。トリプタンは基本的に錠剤で服用します。口の中で溶ける崩壊錠もありますが、腸で吸収することは変わらないため効果の速さは錠剤と変わりません。吐き気が強い場合には点鼻薬もあります。トリプタンを注射で入れることもでき、即効性がありますが、医療機関で注射をしてもらうか、自己注射のトレーニングを受ける必要があります。

根本から解決するために

薬

偏頭痛に悩まされたとしても、鎮痛剤を乱用すると薬物乱用頭痛になる可能性があるため、乱用はさけてください。鎮痛剤は炎症を抑えるのみで根本解決にはなりません。医師のよって処方されるトリプタンやエルゴタミンは脳の血管を収縮する薬です。

もっと見る

しっかり理解すること

頭を抱える男性

頭痛外来で診察を受ければ、薬や治療によって偏頭痛などの悩みを解決することが出来ます。慢性的に頭痛を抱えている人はストレスをためやすくなってしまうので、早めに受診して症状を抑えましょう。

もっと見る

こめかみがズキズキ痛む

男の人

偏頭痛はこめかみ周辺の血管が拡張することによって周囲を圧迫するために発生する頭痛です。治療方法には薬物療法がありトリプタン系製剤が最も一般的で、痛みがひどくなる軽度の段階で飲むとより一層高い効果を得ることができます。

もっと見る

慢性頭痛は医療機関へ

錠剤

偏頭痛は慢性頭痛の一種で、ずきんずきんという拍動性の痛みを特徴とします。偏頭痛で悩んでいる人は医療機関を受診しましょう。市販の薬は鎮痛作用しかありませんが、病院で処方されるものには、偏頭痛に特異的に効く薬や予防作用のある薬もあり、より頭痛に対し有効な対処ができます。

もっと見る

Copyright © 2016 偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす All Rights Reserved.