偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす

こめかみがズキズキ痛む

男の人

血管の拡張で周囲を圧迫

偏頭痛とはこめかみが脈が打っているようにズキズキ痛む頭痛のことです。特に女性で患っている人が多いと言われています。こめかみあたりの血管が急に拡張することによって周囲を圧迫するために頭痛が起こります。目の周りだけでなく頭全体が痛くなることもあります。偏頭痛は週に1回から月1回以上発生し、症状が数時間から3日以上継続することもあります。頭痛と共に吐き気や嘔吐が伴うこともあり、臭いや光に敏感になることもあります。偏頭痛にはさまざまな原因が考えられます。ストレス、栄養バランスの悪い食事、不十分な睡眠、テレビやパソコンなどの長時間の使用、アルコールやカフェインなども原因になります。また、目が疲れることによって目の周りの筋肉が疲労することによって血流が悪くなり脳に血液が行かない場合や、ストレスをためてホルモンバランスが崩れてしまうことで脳が痛みを調整することができずに頭痛を起こしてしまうこともあります。このように、神経や筋肉の緊張や血行不良によって起こることが多い症状です。

トリプタン系製剤が一般的

偏頭痛を改善するためには薬物療法があります。偏頭痛のための薬で市販されているものもありますが、医師の診断によって処方された薬を飲む方が安心ですし高い効果を期待することができます。病院で処方される薬は偏頭痛の原因なる血管の拡張を抑えてくれる薬です。最も一般的なものがトリプタン系製剤です。血管や神経に直接作用して血管を収縮する働きがあります。また、吐き気や嘔吐などの症状を和らげてくれる効果もあります。トリプタン系製剤には錠剤、点鼻薬、注射薬などがあります。錠剤は最も一般的なもので、痛みが比較的軽度で症状がひどくなる前に飲むことによってより一層高い効果を得ることができます。そのため、自分にとって一番効き目のある服用のタイミングを知っておくことも大切です。ただ、効果が高いと言っても過剰摂取はよくありません。薬物の過剰摂取による頭痛を起こしてしまうこともあるため注意が必要です。自分で服用のタイミングや量がつかめない場合は医師に相談することも重要です。

Copyright © 2016 偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす All Rights Reserved.