偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす

慢性頭痛は医療機関へ

錠剤

なぜ受診が必要か

何か原因となる病気があるわけでもないのに起きる頭痛を慢性頭痛といい、偏頭痛はそれに含まれます。ずきんずきんという拍動性の痛みがあり、頭蓋内の血管が拡張して炎症を起こすことによって起きると考えられています。しつこい偏頭痛で悩んでいる人は医療機関を受診して痛みを抑える薬を処方してもらうことをお勧めします。市販のものには鎮痛薬しかありませんが、病院で処方されるものには頭痛を予防する作用があるものや偏頭痛に特異的に効くものがあります。また頭痛があるからといって頭痛薬を飲みすぎると薬物乱用頭痛になり、かえってなおりにくい頭痛を引き起こしてしまう可能性もあります。もし、1ヶ月の間に15日以上頭痛があり、市販の頭痛薬を3ヶ月以上定期的に服用していて、頭痛の頻度が増したり効き方が鈍くなっていると感じているなら、薬物乱用頭痛の可能性があります。慢性頭痛は症状をよく観察し、それにあった生活の仕方と薬の飲み方で対処していくことが大事です。そのためにも医療機関を受診しましょう。

原因に特異的に効く

慢性頭痛は頭痛を専門に診ている頭痛外来を受診するのが最も望ましいですが、神経内科や脳神経外科も脳やその周辺の神経を診ている科ですから、頭痛外来が近隣になければこうしたところを受診します。受診する際は、自分の頭痛の状態を医師に詳しく説明できるようにあらかじめ症状についてメモをとっておきます。長く続いている偏頭痛であれば、いつごろからどういう風に痛むか、随伴症状はあるかなど気がついたことを何でも記録しておくとよいでしょう。症状が詳しくわかるほど医師は診断をくだしやすくなります。偏頭痛の治療は薬物療法が中心です。頭痛発作が起きたときに使用する急性期治療薬としては、トリプタン系薬剤があります。偏頭痛の根本的な原因を抑える作用を持ちます。エルゴタミン製剤も古くから偏頭痛の治療に使われてきました。どちらも服薬のタイミングが重要なので、自分の症状をよく観察し、タイミングを逃さないように服用します。これらと偏頭痛をおこりにくくする薬、解熱鎮痛剤などを併用して用います。薬剤乱用頭痛をおこさないためにも薬の服用の量とタイミングは必ず医師の指示どおりにします。それらに加え、日常生活で頭痛の誘因を避けることも大事です。何が自分の偏頭痛を誘発するかよく観察し、それを避けるようにしましょう。

Copyright © 2016 偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす All Rights Reserved.