偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす

しっかり理解すること

頭を抱える男性

タイミングが大切

最近は、偏頭痛で悩んでいる方が多くなってきているので、頭痛外来などもたくさんできてきました。また、頭痛外来ではなかったとしても、内科などで頭痛に詳しい先生が専門的に診て下さるということもあります。本気で悩んでいる方は、やはり偏頭痛に詳しい先生に一度きちんと診てもらうのが一番です。頭痛のタイプによって、処方される薬なども違ってくると思いますし、人によって効果のある薬があるのでまずは一度受診されることをオススメします。痛み止めなどは、何より飲むタイミングが大切です。タイミングを誤ってしまうと、薬の効果が弱くなってしまうようなこともあり、それによってまた薬を飲んでしまうという悪循環になってしまいます。なので、きちんと病院を受診して、痛み止めなどを貰った場合は先生に飲むタイミングについてしっかり聞くことが大切なのです。基本的に、痛みが強くなってしまう前に飲むということが大切です。偏頭痛の前兆があるという方は前兆が来たらすぐにでも飲むと効果を早く得られるのでいいです。

自分の頭痛のタイプ

偏頭痛にはいろいろなタイプがあって、前兆があるタイプの方にもいろんな前兆の出方があります。例えば、閃輝暗点と言って目がチカチカしてしまうような方は、目がチカチカし始めてからすぐに痛み止めを飲んでおくと、その後あまりズキズキとした痛みは来ないまま終わらせることができる、ということもあります。その時に全く頭は痛くなかったとしても、とにかくまずは飲むこと、それによってその後にズキズキくる痛みをやわらげることができるのです。なので、まずは自分がどんな時に頭痛になるのかをしっかり把握しておくといいです。それによって、大体痛み止めを飲むタイミングがわかってくるので、可能であれば頭痛が起きた日は日記を書くなどして、自分の偏頭痛のタイプというものをしっかり理解しておくといいと思います。それによって、診察の際もスムーズに進みます。また、偏頭痛をなるべく予防するためには、日ごろの生活についても見直すといいです。食生活なども見直すことで予防につなげることができます。

Copyright © 2016 偏頭痛に悩んでいるなら専門家に相談|薬をもらって悩みをなくす All Rights Reserved.